海外通販で起こりやすいトラブル
請求に関するトラブル

初めての海外通販で商品が無事届いて安心していたら、関税を事前に想定したより高く請求されてしまった、もしくは何故か代金が二重に決済されていることに気づいた、など、請求に関するトラブルも海外通販で起こり得ます。二重決済などは、単純な業者側のヒューマンエラーや勘違いであるケースが多く、迅速に対応できない場合は、カードであれば引き落としを止めてもらうなどの対応が可能ですが、面倒なのが関税に関するトラブルです。

関税に関しては、その税率や適用対象などが商品や輸入の目的などで非常に複雑になっており、ただでさえ素人にはわかりづらい上に、トラブルも起きやすいので、まずは原因をしっかり明確にすることが大切です。

中には税関の担当者がポンドとドルの通貨表示を読み間違えた為に、10倍以上もの関税請求を商品支払い時に求められたという信じられないケースもあります。また、価格が20万円を超える場合ですと、その商品が「個人使用目的」である旨の念書が必要になる場合も割と良くあるそうです。

ですから、関税が想像以上に高く請求された場合、原因もわからないまま支払うことは絶対に避けましょう。なぜなら一度納税してしまった金額を返金してもらうのは、例え相手側の落ち度によるものであっても、非常に難しいうえ、労力も要するからです。

納得がいかない場合は「受け取り拒否」をして、インボイスに書かれた内容が間違っていないか、まず確認することが大切です。