海外通販で起こりやすいトラブル
商品の数が合わない

届いた商品の数が足りない、もしくは多く入っている、といったトラブルも国内通販ではあまり耳にしませんが、海外ではわりとよく知られたトラブルの一つであるようです。一説にはアメリカの通販会社の中には、発送時に注文された数に商品がとりあえず足りなくても、その場である分だけ発送してしまう、というケースがあるようです。

これは日本の常識から考えればあり得ないことのように思えますが、その理由のひとつとして、アメリカの通販では顧客が返品を行うことが国内より多く、問題があれば返品してくるのだから、その時に対応すればいい、という考えでビジネスを行っている通販会社が未だに残っているという意見も聞かれます。

しかしながらこれは当然ですが、アメリカ本土内での通販における業界事情であり、海を越えて日本まで発送するのに、「とりあえず在庫にある分だけ」郵送されてきたら、驚くのは当たり前です。

このような悪意なく数が足りない場合、通販会社側は不足分も商品が入荷次第、発送するつもりでいるケースもありますので、まずどのような原因で数が合わないまま、郵送されてきたのか面倒ですが問い合わせる必要があります。入荷待ちであれば、改めて追加発送の依頼をしましょう。

また、念のため注文した際の記録も今一度確認してみてください。業者によっては、返金や次回の購入時との相殺を提示してくるケースもありますので、その都度一番好ましい対応を判断しましょう。