海外通販を始める前に
発送手段の選び方

海外通販で初めて商品を購入する方が戸惑いがちなのは、その発送手段の種類の多さではないでしょうか。単純に船便か空輸かといった問題ではなく、使用する輸送会社にも、DHL、EMS、FedEx, SALなど見覚えのない会社やサービスの名前があってその違いや料金の差がわからず、混乱してしまうのはよくあるケースのようです。

もちろん、購入した商品の価格や価値、そして性質などによって最も適したサービスを自分で選択する必要がありますので、一概にどの方法がベストかなどと決めつけることはできません。基本的に航空便を使用した場合には、船便を使うよりずっと短期間で送ることができますが、その分輸送費用も大幅に跳ね上がります。

もちろん自転車やバイク、大型家電や家具、ピアノなどの大型商品であれば、いずれの輸送方法においても費用は大きくなりますし、容積制限があるので単純に費用を払えば、どれだけ巨大な商品でも送れるというものでもありません。

国際宅急便であるDHLやFedExの場合、ネット上のホームページで希望の郵送条件や商品の重量や大きさ等を指定すれば、無料で見積もりを出してくれますので、使用する際は必ず事前に見積もるようにしましょう。

また、国際宅急便でも保険がつけられるもの、現在の配送状況がホームページ上で追跡できるものなどそれぞれ特徴がありますので、費用との兼ね合いも考えながら、自分の購入した商品に適した方法を見つけるようにしましょう。インターネット上にはこれらの複数サービスを比較しているものもあるので、参考にすると良いかもしれませんね。