海外通販を始める前に
商品以外にかかる費用

インターネットなどを利用した海外通販が数多く利用可能になったおかげで、国内に限らず様々な商品のショッピングが楽しめる環境が整ってきましたが、当然他の国から商品を輸入することになりますので、その分発送費用や関税などが発生します。

多くの海外通販初心者の方が気になるのは、「結局輸送費や保険、関税も含めたらいくらになるのか?」ということではないでしょうか。確かに商品自体の価格は安くとも、輸送費や関税を足すと、ものすごく割高になってしまったというケースもあるようです。

まず気になる関税ですが、これは国外から商品を輸入する場合に発生する税金のことで、課税対象になっていない商品以外は、支払わなければいけません。ではいくらかかるかですが、一般的には課税対象額と呼ばれる、商品代金、保険料、総量を合算したものに関税率をかけたものが関税額になります。

しかし個人の使用を目的としている場合は、「個人輸入の通関手続き」というルールによって、商品代金の6割が課税対象になります。税率に関しては、商品の種類によって細かく定められていますが、中にはどれに該当するのかわからないケースもありますので、気になる場合は直接問い合わせる方が良いでしょう。

確かに国内の通販に比べると関税の問題は面倒に思えますが、購入する商品の小売価格が1,6666円以下の場合は関税が発生しないという嬉しい制度もありますので、最初不安な方は、この価格内に抑えて購入するという方法もあります。