その他海外通販に関する知識
個人輸入転送サービスとは

海外通販についてインターネットで検索していると、個人輸入転送サービスという単語を頻繁に目にすることがあります。個人輸入代行サービスとは、輸入代行の一種ととらえることもできますが、輸入代行業者が商品の購入から日本への郵送まで代行してくれるのに比べ、このサービスは商品を販売している国に一時的な仮住所を登録し、そこに通販会社からの商品を配送させ、一時的に預かってくれるサービスのことです。

海外の通販会社の取り扱い商品の中には、日本への発送が不可となっている物も存在します。このような商品は通販会社からの直接日本へ送ってもらうことはできませんが、同国内の仮住所にまず発送してもらい、それを転送サービス会社に日本へ郵送(転送)してもらうことで、商品を日本にいながら受け取ることができます。

また、複数の異なった海外通販会社で商品を購入した場合には、送料が高くなってしまいがちですが、この転送サービスを利用して、一旦仮住所に郵送し、複数の通販で購入した商品をひとまとめにして日本に発送することで、送料を安く抑えることが可能になる場合があります。

どうしても手に入れたい商品を見つけて、それが直接的には日本への郵送を受け付けていなくとも、これらサービスを利用すれば購入することができますので、頭に入れておきましょう。サービスの内容及び料金体系は業者によってそれぞれ異なりますので、実績や信頼性も含めて、複数の業者を比較検討することが望ましいでしょう。