決済に関する知識
関税について

海外通販を初めて行おうとする人の多くが頭を悩ませる、もしくは不安に思うものの一つに関税があります。通常、国内で普通にショッピングをしてきた方にとっては、税関で通関処理を行う経験などありませんから、これは当然の不安と言えるでしょう。

しかし円高の影響もあってか、その恩恵を享受できる海外通販は現在では非常に多くの普通の方々が行っていますので、過剰に怖がる必要もありません。関税が面倒に思える原因にひとつにその税率の分かりづらさがあります。

商品の種類のみならず、輸入する目的やその金額、そして時には税関での担当者によっても、税率や扱いが変わってしまうという複雑さと不透明さが、一般の方々を敬遠させていると言えます。確かに関税の税率や対応の一貫性の無さは頭の痛い問題ではありますが、よほどのことがない限り、想定していた何倍もの課税をされたりという事はありません。

気をつけなければいけないのは、初めて海外通販を利用した場合、明らかに自分の考えていたのと異なる請求を受けても、不慣れな事から言われるがままに過剰に関税を支払ってしまうケースです。

前述のように、日本と言えども関税は比較的ミスや勘違いによるトラブルが発生しやすいので、少しでもおかしいと感じたら、一旦受け取り拒否をして、本当にその金額を支払う正当な理由があるのかを、冷静に判断する時間を持つことが大切です。

自らで判断できる自信がない場合には、相談窓口に問い合わせてもいいでしょう。