決済に関する知識
国際郵便為替

国際郵便為替も、海外銀行口座への送金と同じく、海外通販での決済方法としては、複数の理由からあまりお勧めできる方法ではありません。5000円から8000円という銀行での送金手数料に比較すればまだだいぶ安いものの、国際郵便為替も使用の際には一件あたり、2500円程度という、クレジットカードやPayPalに比較すると多大な手数料が発生してしまいます。

国際郵便為替の仕組みは、国内で使用される郵便為替とほぼ同じで、まず郵便局で手数料プラス決済したい金額の為替を日本の郵便局で購入する必要があります。この際の支払いは当然日本円で支払うことができます。

そして購入した決済料金分の国際郵便為替を、海外通販で購入したい商品を扱う現地の会社や店舗へ送り、それを受け取った商品発送側の人間が、身分証明書を持って現地の郵便局に赴き、為替を現金化することで支払いを決済するという、今日においては原始的とも呼べる煩雑さを要します。クレジットカードやPayPalが主流の現在においては、このように手間を要し、決済時間もかかってしまいがちな国際郵便為替を受け付けていない通販会社も少なくありませんので、まず使用可能かどうかの確認が必要です。

ただ、注文した商品が無事届くかを心配する性格の方ですと、為替が先方に無事届くかという不安まで抱えることになりかねませんので、できれば他の決済方法がないか先に考えたいところです。また、英国では国際郵便為替は使用することができませんので注意してください。

海外の通販サイトで買い物をする際に行われる決済方法は、クレジットカードかPayPalによる支払いが圧倒的に大多数を占めており、そのほかの支払方法が行われるということはめったにありません。しかし海外での通販サイトを利用したいと考えている人の全てが、クレジットカードを持っているわけではありません。そういった人たちは国際郵便為替による支払いを行うことになります。

国際郵便為替というものは、郵便局で購入し、それを現地のショップなどへと送ることで現金の支払いを可能とするものであり、日本円で購入した国際郵便為替であっても現地へ渡ればその国の通貨として使用できるものです。

国際郵便為替を購入するためには、2500円という大変高額な手数料が必要になることも知られており、どうしてもクレジットカードが使用できないという人意外は、使用することはお勧めできないものであるとも言われています。しかし直接銀行へ現金を送金するためには、2000円から8000円というそれ以上の高額な手数料が必要となるために、国際郵便為替を利用することのほうが、有利に働くことが多いものとされています。確かに200円以下で海外の銀行へ送金できる銀行も存在しますが少数派であるために、すべての人がその金額でやりとりを行うことのできるものではありません。

また国際郵便為替は為替のための現物を郵送しなければ取引が行えないということもあるために、決済が他の支払方法と比べて遅くなってしまう傾向もあるほか、現地のショップ側も現地の郵便局で両替を行わなければならないなどの手間を有するために、あまり好まれる支払方法ではありません。

そのため国際郵便為替を使用するためには、まず現地のショップへ使用の許可を取ることが重要となります。