決済に関する知識
PayPal

PayPalはクレジットカードに比べると、日本ではまだ馴染みが薄く、ネットショッピングや海外通販を利用したことのある方でないとあまりその内容を知らない方が多いかもしれません。

PayPalとはクレジットカード情報を支払先に通知することなく、オンラインで決済が可能な仕組みのことで、ネットショッピングの大手E-Bayなどで多くの方によって利用されている決済システムです。

利用者はPayPalアカウントに自分のクレジットカード情報を登録することで、PayPalで使用した金額はクレジットカードから引き落とされる仕組みになっています。現時点で190の国と21通貨に対応していて、クレジットカードに次いで海外通販でもポピュラーな決済方法であると言えそうです。

気になる手数料の方ですが、口座開設費用、口座維持手数料、送金手数料に関してはすべて無料です。しかしながら外貨建てで決済する際の為替手数料が2.5%発生してしまいます。クレジットカードをそのまま使用した場合の手数料は平均して1.6%程度ですので、単純に手数料だけ見ると、クレジットカードの方がお得ということになります。

また、自分のPayPalアカウントにある残高を引き出す場合にも、金額に応じた手数料がかかります。送金に使うだけならこれらの手数料は発生しないので気にする必要がありません。

海外通販の中にはまだクレジットカード決済に対応していない場合も稀にありますので、その際にはPayPalで支払うことになります。口座開設だけなら無料ですので、海外通販を頻繁に行う予定の方はアカウントを持っていて損することはないでしょう。

1

PayPal はオンライン上の、自分だけの「お財布」

PayPalアカウントにクレジットカード番号を登録しておけば、大切なカード情報を支払い先に知らせず、わずか数クリックで決済を完了できます。たとえばそれは、まるでポケットにお財布を入れて、手ぶらで街にショッピングに出かけるような感覚。

支払いはもちろん、さまざまなシーンでのお金のやりとりに対応し、取引の壁となる、言語や通貨、支払い方法の違いを気にする必要もありません。PayPalを利用すれば、買い手側は、買物のたびに大切なクレジットカード情報を支払い先に知らせる必要はありません。また、売り手側は、即座に取引をスタートできます。

クレジットカード番号を知らせずにオンライン決済

大切なクレジットカード情報はPayPalへ一度登録するだけ

クレジットカード番号や住所など、支払いに必要な情報をPayPalへ登録し、PayPalアカウントを開設。次のお買物からは、支払いのたびにカード情報を入力せずに、PayPalにログインするだけで利用できます。より安心してお使いいただくためのPayPalのシンプルでユニークなしくみです。

クレジットカード情報を売り手側に知らせないしくみ

PayPalは、支払いをおこなう買い手側と、支払いを受け取る売り手側が、よりスムーズに取引できるようサポートします。

アカウント開設時に登録した情報は 、PayPal のサーバー内で厳重に保管されます。買い手側は、PayPalにログインするだけで、よりスピーディに支払いができます。また、売り手側は、買い手側からの支払いを、PayPal を通して受け取ることができます。

ただし、各ショップの決済方法や種類により、支払いの際に追加情報の入力を求められる場合もあります。

多様な取引環境に対応する豊富な実績

巨大オークションサイトeBayでの豊富な実績

世界最大規模のオークションサイトeBayの決済サービスとして実績を積んできたPayPalは、世界190の国と地域で利用でき、21通貨に対応しています。

言語や通貨の違いにかかわらず、だれでもより安心して、オンラインでの取引ができるたしかなセキュリティは、世界中で高い信頼を得ています。また、個人の認証はもちろん、詐欺などの不正行為も厳重にチェック。さらに、PayPalご利用の際に発生した問題に対する買い手保護プログラムを提供するなど、快適なオンライン決済の環境づくりに取り組んでいます。

• PayPalで取引可能な21通貨一覧

国内外でのショッピングもより安心。購入トラブルもしっかりサポート

こんなはずでは…もしっかりサポートするPayPalの補償

オンラインショッピングでPayPalを利用して支払いをし、購入商品が届かなかった場合には、買い手保護プログラムも利用できます。

また、PayPal の買い手保護の対象とならない購入については、PayPal問題解決センターを通して問題の解決をお手伝いします。

補償の対象となる商品や条件の詳細については、「ユーザー規約」の「買い手保護プログラムに関するポリシー 」をご確認ください