発送手段の種類と特徴
SAL

SALは航空便を使った輸送方法の一種で、正式にはエコノミー航空便と呼ばれ、その名の通り、比較的安価な料金で航空便による輸送を提供するサービスのことです。FedEx、DHLなどの国際宅急便サービスに比べると発想から到着までの時間はかかってしまいますが、その分価格は安く抑えることができるようです。

SALが通常の航空便より安い理由は、航空機の空きスペースを利用して荷物を発送するという独自のビジネスアイディアにあります。価格は安く抑えたいけど、船便では時間がかかりすぎるし、紛失や破損のリスクも不安…という方にはまさにうってつけの発送方法と言えそうです。

必要に応じて発送商品に対して保険をかけることもできます。発送から到着までに要する期間は、SAL便の方が通常の航空便に比べてだいたい二倍程度かかると認識されているようです。

またSALのサービスの売りは「船便より早く」「航空便より安く」というものですが、郵送する商品の大きさによって価格もまちまちであり、場合によってはEMSの方が価格も安く、しかも早いというケースや、通常の航空便でもSALと値段が変わらないということもあり得ますので、頭から通常航空便やEMSよりも必ず安いと決めつけず、個別のケースごとにいくらかかるのか事前に確認する癖をつけるようにしましょう。商品の重量や大きさ毎に、価格や所要日数を複数のサービス間で比較しているサイトもインターネット上に数多く存在していますのでぜひ参考にするといいでしょう。

EMSは海外のサイトに商品を注文した際に航空便よりも値段は高くなりますがいち早く商品を届けてもらえることや、輸送している商品に対して一定の保険金がかけられるなどの充実したサービスを受けられる輸送方法として、非常に有名な輸送方法となっています。

EMSとは対照的に、多少時間はかかっても、航空便よりも安い価格で輸送ができるようにして欲しいという考えを持っている人はSALという輸送方法を使用することが多いものです。

SALはエコノミー航空便という正式名称を持っており、エコノミーといわれるだけあって、通常の航空便よりも安価で輸送を行うことのできるものといわれています。ただし一般的にSALは商品が届くのに、2週間から1ヶ月弱という通常の航空便と比較して倍近い時間がかかってしまうことでも知られ、急ぎでない荷物を安価で手元に来るようにしたいという人が進んで使用することでも知られています。

輸送のために時間はかかるものの、SALは基本的に航空便と制度は変わらず、小形の荷物を小型包装物、大型の荷物を国際小包という異なった名称を用いていることでも知られており、品物の大きさによって価格も変わってくるものなのです。

またSALは、基本的に送られてくる商品に対する保険がかけられていないものですが、別途料金を支払うことによって、保険をかけることが可能となっています。

一般的に届けるまでに時間のかかるものとされているSALですが、比較的小規模の荷物である小型包装物に関しては、あまり荷物を送る時間に際は見られないものとされています。実際に発注を行う前に、どれくらいの時間がかかるものなのかを事前にショップへと問い合わせておくことも重要なこととなります。